プラモデルのデカールvsディフォルメ:8突然ですが私の徒然話をですね

2020/02/17 ブログ

お世話になります。

スタジオユーワ社長の望月でございます。

「突然ですが私の徒然話をですね」

 

◎お仕事の経験値7

6. デザイン室 中期

 

 プラモデルのデカールの版下は再現と感覚の間のいい塩梅で

 

デカール作りは資料の揃い方で進め方の度合いが変わります。

 

当時での「最近もの」のレース車(F1やGTカーなど)はレースに取材に行けばいくらでも写真が撮れるのでとてもありがたいです。

私も何度か企画設計担当の方にくっついて富士スピードウェイなどに行き、

パドックパスをこれ見よがしにぶらさげてデカール資料用の写真を撮りに行っていました。

1度だけまだ初見え前の車体にマーキングステッカーをこれから貼るという現場にも行ったこともあります。

 

しかし、ミリタリーモデルや飛行機などの戦争時代のものとなると当然そうは問屋がおろしません。

企画設計担当さんが一生懸命に集めた古い文献の中から、これとこれねとタグが貼られているボケボケのモノクロ写真のみ。

しかもマーキングの正面から写されているわけではないので斜めっているものばかり。

それを正面に見立てて版下を起こすのです。

どうやって正面に見立てるのか。写真ごとで対応は様々なのでとにかく想像力を働かせないとなりません。

写真に写っている車体と成形試作品と見比べ、形状部品とマーキングの絵柄の部分部分の位置関係の点と点を結ぶーとか

もう何を言ってるのかわからないでしょうが、そんな感じですスミマセン(汗

 

デカール制作において難しく思った点は他にもありまして。

 

プラモデルは設計をする段階でただ原寸サイズを縮小すれば良いというわけではありません。

これは「人の目の錯覚」の要素を多分に考えなければならない企画設計担当さんの目利きにかかってくる重要なポイントですが、

例えば、車を実車そのままの比率で1/24スケールに縮小すると細長く見えるそうです。

それは人の目の位置、つまり普段実車を見るとき私たちは私たちより大きい車体を横から見るかっこになるかと思います。

しかし、1/24スケールに縮小された車の場合は、私たちより小さい車体を上から見るかっこになり、物の見え方が変わってくるのです。

例え話になるかかわかりませんが、道路面に描かれている「止まれ」などの表記ですが、

普段我々が車の中から見ると普通のサイズ感で見えますが、実際に真上から見ると細長く書かれています。

普通のサイズ感で書くと、実際に車の中から見るときは上下がぺちゃんこになった状態で見えてしまうのかな??

目の錯覚を考慮しているということですね。

そのため、プラモデルを設計する際は、あくまで「それっぽく見える」を大事にしなければならず、そのために形状にディフォルメをかけるのです。

どこをどうディフォルメするかは車種によって変わるでしょう。プラモデルの企画設計担当の方々は特殊な技能センスが必要となります。

 

で、デカールの話に戻りますと、そのディフォルメがかかったモデルに対してですが、

そうです「実車とマーキングのつじつまが合わない」という問題が発生します。

ロゴマークの大きさなどの位置関係がおかしくなるので、それぞれのロゴマークをやむなく変形させたりしなければならず、

なおかつここでも「それっぽく見える」にしなければならないのです。

 

思えばデザイン室に入る頃にデッサンの課題の時によく怒られましたが「ものをよくみろ」というのはこおゆことなのねとハッとしたものです。

イベント、ノベルティ、記念品、贈呈品、商品などに、

多種多様で喜ばれるオリジナルのプラモデルはいかがですか?

スタジオユーワではオリジナルプラモデルの製造を承ります。

企画・設計、金型、整形、印刷、セット、企画から納品までオールインワンで対応致します。

プラモデルの本場、静岡県内の業者さまのご協力でお好みのプラモデルを製造します。

※国内静岡での製造ですので金型代は海外製造に比べ高めになります。

あらかじめご了承いただいた上で、お見積もりなどご相談くださいませ。

【スタジオユーワ直営販売】

スタジオユーワでは、自社他社問わず、厳選したホビー関連商品の販売をしております。

 

◎プラモザルショップ ヤフーショップ店

https://store.shopping.yahoo.co.jp/yu-washop/

 

◎プラモザル 楽天市場店

https://www.rakuten.co.jp/plamosalshop/

 

◎おもちゃのクボタ スタジオユーワコーナー

https://shimizu-ekimaeginza.com/shop/dally_necessltles/kubota/

 

◎クラフトマーケット スタジオユーワコーナー

https://www.craftmarket.jp/